日本での書道クラスについて(パート5)

     今日、クラス最終日は、前日やっていた作品の裏打ちの練習の続きです。しかし、少し始めたところで、疋田先生は、糊のつけ方、刷毛での伸ばし方など、もう一度説明した方がいいと感じ、また実際にやってみせてくれました。半紙などのごく薄い紙に墨で書くと墨を乗せた部分だけが収縮し、しわが生じます。裏打ちをするには、まず裏打ちしたい作品の裏面を霧吹きで湿らせます。そして刷毛を使ってきれいにしわを伸ばします。それから糊を一定の薄さに薄めたものを裏打ちする紙に均一に塗ります。それを作品(裏面)の上に合わせ、今度は硬い毛の刷毛を使って空気を追い出していきます。丸一日、平らな板の上で乾かすと、すっかりしわがなくなります。裏打ちをすることによって、しわを防止することができ、補強効果もでます。幸いにもこの工程をビデオに録画させてもらったので、これからは自分たちで作品の裏打ちができます。今までは作品の仕上げまではできなかったので、すぐに実行したいです。今回は、この基本のやり方プラス、簡単な方法も説明していただきました。簡単な方は、裏打ち専用紙を使用します。これは片面にすでにアイロンなどの高熱を与えると溶ける特殊のり加工がされており、時間がない時など、手間が省けます。しかしアイロン掛けはつねに中央から外側に向けてするのがコツです。さすがクラス最終日、今日はこれだけでは終わりませんでした。中村さんが急いで床に大きいサイズの紙を用意し始めました。その間、昭子が疋田先生が言っていることを訳してくれました。先生は、書道の教師である前に書道家であると。そして今回、私たちに書道のデモンストレーションを披露したいと思ってくれていたようです。先生は、中国の古典を選び実演してくれました。胸に熱いものがこみ上げ、知らないうちに涙が頬を伝っていました。この瞬間は私にとって決定的な瞬間だったと言っても過言ではありません。先生の姿を見、筆を動かす時の息遣いを感じ、改めてなぜ自分が書の道で全身全霊をささげ修行しているのかを悟りました。そして先生を信じ、ついていきたいと思いました。この瞬間は一生忘れません。心より感謝しています。

さすがクラス最終日、今日はこれだけでは終わりませんでした。中村さんが急いで床に大きいサイズの紙を用意し始めました。その間、昭子が疋田先生が言っていることを訳してくれました。先生は、書道の教師である前に書道家であると。そして今回、私たちに書道のデモンストレーションを披露したいと思ってくれていたようです。先生は、中国の古典を選び実演してくれました。胸に熱いものがこみ上げ、知らないうちに涙が頬を伝っていました。この瞬間は私にとって決定的な瞬間だったと言っても過言ではありません。先生の姿を見、筆を動かす時の息遣いを感じ、改めてなぜ自分が書の道で全身全霊をささげ修行しているのかを悟りました。そして先生を信じ、ついていきたいと思いました。この瞬間は一生忘れません。心より感謝しています。

今回、先生のクラスで学んだことは、ここで書いたことより遥かに多く、まさにいろんなことを学び、感動した素晴らしい一週間だったと言えます。技術的なことばかりでなく、私たちの心の奥に届く、精神的なことも学びました。そして、僭越ながら自分の感想を言わせていただくと、この一週間で私たちの何かが変わったんではないでしょうか。少なくても私はそう感じました。そして今でもその印象は変わりません。なぜなら、敬意と謙遜の心を忘れずに書の道に献身していれば、自ずと自分の魂もその影響を受けます。それが、疋田先生のような素晴らしい師からの影響ならなおの事です。先生、本当にありがとうございました。

     そして、こちらへ帰ってからも先生は、日本から私たち一人一人にご指導してくれています。そうした書道を介した先生の教えは、私たちに何か大切なことも教えてくれています。

日本語翻訳 永田礼子

Leave a Reply